シンガポールで働く産業構造について

日本人労働者でもビザ取りにくい

日本人労働者でもビザ取りにくい

シンガポールでは日本人のビザ発行が比較的もらえやすいというのがありました。

けど、今は異なっています。シンガポールでも移民や外国人労働者を規制する方向で検討に入ったのが2013年、2014年からは一定の歯止めをかけるべく外国人労働者のビザの数を制限し始めました。

これはシンガポールで働く予定だった日本人、夢を追いかけてシンガポールへ行こうとしていた外国人も驚きを隠せません。また既に就労ビザを発給してもらい、現地で働いてる人でさえ、再交付がもらえず帰国しなければならない人も出ています。

一度帰国すると最申請して行く方法もありますが、なかなか難しいようです。

どうしてこのような制度になったのか

シンガポール国民は様々な人種が働いています。マレー系や中華系が多いですが狭い国土で先進国と渡り歩き成長していくためには優秀な外国人を海外から取り入れて成長してきた背景がありますよね。

しかしそのせいでシンガポールの国民が本来得られるはずだった仕事に付くことができなくなっている事実があります。つまり国民の仕事が減ってきているので外国人労働者を制限して、そのぶん国民が働けるようにしよう、という事です。

こういった制度はシンガポールだけの話ではなく、すべての国で行われていますので驚くべきことではないのですが、今までが楽だったので日本人的には残念に思う人も多い、という話です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional