シンガポールで働く産業構造について

FrontPage

シンガポール在住の外国人労働者

今でこそ2010年失業率は2.2%であるが、リー・クアン・ユーがシンガポールの初代首相になた1959年の失業率は13.5%でありこの問題の解決が急務とされていた。リー・クアン・ユーの独裁開発政策と高度成長もあって労働人口を上回る雇用が創出、71年には完全雇用を達成しその後は労働力不足が問題となるにまで至った。70年代後半になると国内の労働力不足の解消のために外国人労働者を受け入れるようになった。現在外国人労働者は約20%とも言われているほど、少なからずシンガポールの発展の礎となっていた。

シンガポールでは華人(中国人でシンガポール籍)を優遇する政策がなされている。また外資系企業や専門的技術者は優遇され就業許可証が発行される。給料も高額となり快適な暮らしを送る事ができ、永住資格を取る事もできる事は、国としてはこのような優秀な人材を確保したいとの向きの現れである。

逆に非華人の労働者(これは特にマレー系労働者だと思うが・・)は勤勉でもなく個人の利益追求よりも日々の楽しみを優先する人種と思われている節があり、彼らは主に製造業に携わり労働者となっている。また家政婦の労働者も外国人が多く約10万人と推定されている。

不法入国、外国人労働者には厳しい

日本も見習ってほしいと思うのだがシンガポールの法律は厳しいことで有名だ。厳しい起立は多様な民族が交錯する社会の秩序を守るためとされており、年齢、人種、旅行者、外国人に関係なく厳しい罰則がある。不法残留者、就労者には禁固刑が科せられる。更に雇用主側も禁固刑並びに罰金の支払いが命じられる。

当然日本人としての労働者は優遇されているといえる。短大卒以上であれば労働許可証の取得も容易に行える。専門卒であっても特殊な技能を保有する人材、ないしはこれから従事する事業に2年以上の経験があればそれが加味される。ただし日本人であっても法を犯した場合は等しく罰せられるのでご注意を。シンガポール政府は先程も書いたとおり国内の秩序と安定のためには法律に基いて対外的にも度々強固な姿勢を示すようにしている。

シンガポールで働くには

シンガポール国内では労働者不足にあえぐ企業が増えている。近年のIT化の影響と、高額な給料ほしさに転職するシンガポール人が多いためだ。日本人のシンガポール就職の道も開けているので積極的にチャレンジしても良いだろう。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional